ワッフルセルの使い方

初期設定

ホスト名の登録

Waffle Cellをご利用いただく際には、サーバの設置は所有者様のご自宅やオフィスとなりますが、インターネット上の住所となるURLを決める必要があります。
具体的には
○○○○○.wafflecell.com
というURLの○○○○○部分を決めていただきます。

ユーザ登録

まずはワッフルコンピューター社のユーザ登録ページから、ユーザ登録を済ませて下さい。
この作業は普段お使いのPCで行います。
ユーザ登録
1.gif
ユーザ登録を行うと、確認メールが返ってきますので、それをクリックしてユーザ登録が完了します。
ユーザ登録の際のメールアドレスとパスワードは忘れないように気をつけて下さい。

ホスト名登録

ユーザ登録が済んだら、先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインしてホスト名を登録します。
ログイン
2.gif
[ホスト名の登録]をクリックし、ホスト名を登録して下さい。
ホスト名は半角英数と-(ハイフン)で5文字以上で登録して下さい。
1つ登録すればOKです。
このホスト名は常に使うものですので、分かりやすいものを登録して下さい。

サーバの電源を入れてWaffle Cellを立ち上げる

サーバにLANケーブルを繋ぎ、サーバの電源を入れて下さい。
電源を入れたら10分間待ってください。
この間にWaffle Cellが自動でルーターの設定を変更し、今後Waffle Cellを利用するためのセキュリティを保ちます。

Waffle Cellの設定をします

Waffle Cellの設定には、商品に添付されている「Waffle Cell」設定情報が必要になります。
設定終了後も大事に保管しておいて下さい。

登録したホスト名をWaffle Cellに設定する

設定画面にログイン

普段お使いのPCがネットに繋がった状態で、「Waffle Cell 設定情報」にある「設定用仮URL」にアクセスします。
Waffle Cellログイン画面が表示されますので、管理者ユーザ名とパスワードを入れログインします。

登録済みホスト名を設定する

ログインすると、Waffle Cellの各種設定を行う画面になります。
画面右の設定メニューの中から、「登録済みホスト名設定」をクリックします。
ここで登録した「ホスト名」とホスト名を登録した時に使ったメールアドレス、パスワードを入力し、登録を完了してください。
これであなたのWaffle CellへアクセスするときのURL設定が完了しました。

ホスト名設定の確認

登録したホスト名が使えるか、PCのブラウザで確認します。
http://l.○○○○○.wafflecell.com:8000/settings/ (○○○○○ はあなたのホスト名)
で設定画面が表示されたら合格です!
今後このURLで設定を行ってください。
仮URLは約30日で使えなくなります。
ここで管理者ユーザ名とパスワードを入れ、ログインしてください。

ユーザアカウントの発行

Waffle Cellを利用するユーザーの設定を行います。
ユーザー設定で発行したユーザー名とパスワードがないと直接ファイルサーバーにアクセスできません。
また外部からのVPN接続にもこのユーザー名、パスワードが必要です。
管理者ユーザー名、パスワードはセキュリティ上、設定以外には利用できませんのでご注意下さい。

「ユーザー設定」をクリックし、ユーザ設定画面に入ります。
3.gif
作成するユーザのユーザ名、パスワードを入力して下さい。
このユーザ名とパスワードは、ファイルやフォルダにアクセスする際と、VPN接続する際に使用します。
「共有領域名」には、複数ユーザでフォルダを共有したい場合、そのフォルダ名を記入して下さい。
フォルダ名を記入するだけで、そのフォルダが自動的に作成されます。
自動的に作成されるフォルダは、Windowsなら\\l.<ホスト名>.wafflecell.com\共有領域名\、Macならhttp://l.<ホスト名>.wafflecell.com/共有領域名/というように作成されます。
共有したいユーザ全ての設定画面にて、「共有領域名」にフォルダ名を記述する必要があります。

ユーザを作成すると、そのユーザ名でフォルダが自動的に作成されます。
そのフォルダはそのユーザしかアクセスできません。

事前共有キー設定

VPN(バーチャルプライベートネットワーク)を利用する場合には、事前共有キーの設定が必要です。
VPNを使ってWaffle Cell搭載サーバにアクセスすると、通信が全て暗号化されるので、通信が安全に通信できます。

「事前共有キー設定」をクリックし、事前共有キー設定画面に入ります。
4.gif
事前共有キーは、任意の半角6~32文字で入力してください。
PCやタブレット、スマートフォンで外出先からVPNでサーバにアクセスする場合に、ここで入力した文字が必要になります。

以上で基本的な設定は終了です。